馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  菊花賞・G1 富士S・G2

【小倉5R新馬戦】グラスワンダー産駒のテイエムヤマカゼ、九州産のデビュー戦制す 松山「強い競馬をしてくれた」

 7月27日の小倉5Rの2歳新馬(九州産、芝1200メートル=18頭立て)は、4番人気のテイエムヤマカゼ(セン、父グラスワンダー=栗東・山内研二厩舎)が2番手から直線で抜け出して、2着に2馬身半差をつけて完勝した。勝ち時計は1分10秒4。

 好スタートを決めてハナを奪ったが、外から主張してきたキリシマブリッジ(3着)に譲って2番手。直線入り口で抜け出すと、そのまま脚を伸ばして押し切った。松山弘平騎手は「小柄な馬だけどすごくスピードがあり、スタートも良くてハナに行く形になりました。調教で気にしていたもたれる面も大丈夫で、追ってからも後続を離してくれました。強い競馬をしてくれたと思います」と能力を評価した。

 山内研二調教師は「いいものを持っていると思っていたけど、そんなに調教をやっていなかったし、口向きの悪さもあるのでどうかなと思っていました」と実戦での強いパフォーマンスに笑顔を見せた。この後は九州産のオープン特別、ひまわり賞(8月24日、小倉)に向かう予定。

 2着には3番人気のアーモンドカラー(高倉稜騎手)が入り、1番人気のカシノライブリー(幸英明騎手)は18着だった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請