鶴竜がモンゴル凱旋から再来日、「羊肉食べ過ぎてそうめん食べたい」

母国・モンゴルでリフレッシュした鶴竜が再来日
母国・モンゴルでリフレッシュした鶴竜が再来日

 大相撲名古屋場所で自身6度目の優勝を飾った横綱・鶴竜(33)=井筒=が26日、休養先のモンゴルから成田空港に再来日した。

 22日に名古屋市内で行われた優勝一夜明け会見後に母国凱旋する慌ただしい日程となったが、「家族にも会えて、気持ち的にはリフレッシュできた。みんなが喜んでくれた。名古屋での優勝は初めてだったし、優勝して(モンゴルに)帰るのも初めてだった」と、充実のオフを過ごして笑顔だった。

 今年の名古屋場所は梅雨空が続いたため、比較的暑さに悩まされることは少なかった。この日、空港ロビーから一歩出て、真夏の青空には少々、苦笑い。「モンゴルでは羊肉を食べ過ぎたので、あっさりとした日本のそうめんが食べたい」と、さっそく涼やかな食事をリクエストした。

 27日には夏巡業に出発する。「巡業ではいつも通り、次の場所へ向けて体をつくっていきたい」と、秋場所(9月8日初日・両国国技館)では昨年夏以来2度目の連覇を目指す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請