長嶋一茂、宮迫博之に関する金塊強奪犯の証言を報じたFRIDAYに「反社の証言が正しいという前提で記事を書いている。それをモーニングショーが出しているのは違和感を感じる」

長嶋一茂
長嶋一茂

 25日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でこの日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が宮迫博之が会見で否定した金塊強奪犯との「ギャラ飲み」に関連して現在、獄中の野口和樹被告が反論した記事を報じた。

 番組では、宮迫が会見で野口和樹被告との写真は「トイレから出てくるところを写真撮ってくれと頼まれただけ」と説明したが野口被告はFRIDAYの取材に「乾杯もした」など反論していたことを紹介した。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は、今回の問題での宮迫に関するFRIDAYの報道と野口被告の証言に「映像とか事実関係を反社の人がFRIDAYに言う理由が何なんだろうな?何のためにこんなことやっているんだろうって最初から分からなくて。そもそも何の目的もないことをやるような人たちじゃないでしょ。目的のために犯罪を犯そうという人たちじゃないですか。そういう人たちが目的もなくこんな大事にすることを何のためにしているのか」と疑問を呈した。

 その上で「さらに言えば、FRIDAYが載せている証言も詐欺で稼いでいるって言っているんでしょ。我々は詐欺師であるって言っている。その詐欺師の証言を我々は詐欺師でない人の証言と一緒に受けとっていいんだろうか。我々が少なくとも、あっこれはって思えるのはあの映像と写真だけ。それ以外の証言なんて信用できるかどうかなんてわからない。写真なんかにいたっては何も語らないわけ一緒にそこにいたっていうことだけ。ずいぶん割り引いて考えないといけないと僕も反省しました」とコメントした。

 この意見に長嶋一茂も「僕も玉川さんに大共感で、反社の方たちの証言が正しいという前提で記事を書いているわけですよ。その記事を公共の電波、モーニングショーがのっけて出しているというのは、正直言うと申し訳ない、モーニングショーの批判するわけじゃないけど、違和感を感じる」とコメントした。

 さらに「本来であれば反社の人たちの証言の立証をしなければいけない。その立証がなされているかはクエスチョンなわけじゃないですか。本当かどうかわからないし、それをここのコーナーで出していくのが違和感を感じる」としたが「ただ今の段階での事実をお知らせする情報を出す必要はあると思います」と理解を示した。

 この2人の意見に司会の羽鳥慎一アナウンサー「こういう報道が続報として出てきましたという。ただ、宮迫さん、こうだったんですよということではないというところでちゃんと見ていかないといけない」とまとめていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請