【巨人】堀岡隼人を支配下登録へ…16年育成7位右腕、2軍で圧倒的な成績

支配下登録が有力となった本格派右腕の堀岡
支配下登録が有力となった本格派右腕の堀岡

 巨人の育成選手・堀岡隼人投手(20)の支配下選手登録が有力となっていることが25日、分かった。近日中に最終判断を下すと見られるが、右腕が68人目の支配下選手となる公算が大きくなった。

 登録期限となる31日を前に、原巨人が投手陣の“補強”に動くことになりそうだ。堀岡は青森山田高から16年育成ドラフト7位で巨人入り。ルーキーイヤーの17年10月に右肘のクリーニング手術を経験するなど、入団から2年間は故障との闘いや、3軍での登板が続いた。

 だが、今季に飛躍を遂げた。入団時から球速が10キロ近く向上し、最速154キロを計測した直球に、大きく縦に割れるカーブとフォークで相手を打ち取る。4月19日のファーム交流戦・阪神戦でイースタン・デビューを果たすと、ここまで2試合の先発を含む15試合で0勝0敗3セーブ、防御率0・86と2軍では圧倒的な成績を残している。強気の投球も持ち味で、高田2軍監督も「打者に向かっていく姿勢がいい」と評価する。

 巨人は今年ここまでに坂本工、加藤、山下航を育成から支配下へ昇格させている。堀岡も入団3年目。支配下入りを果たせなければ、規定でこのオフに一度は自由契約となってしまうだけに「3年目ってこともありますし、今はそこ(支配下)しか見ていないです」と並ならぬ意欲を燃やしていた。成長著しい若手の台頭が、チームを活性化させる。

 ◆堀岡 隼人(ほりおか・はやと)1998年9月11日、神奈川・秦野市生まれ。20歳。秦野東小1年から野球を始め、秦野東中では秦野シニアに所属。青森山田高では1年春からベンチ入り。2年秋に東北大会優勝。3年春にはセンバツに出場した。183センチ、88キロ。右投右打。背番号013。年俸240万円。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請