ブラストワンピース、札幌記念の鞍上は川田 次走の凱旋門賞見据えて依頼

スポーツ報知
ブラストワンピース

 札幌記念・G2(8月18日、札幌)に出走するブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)が川田将雅騎手(33)=栗東・フリー=とコンビを組むことが7月25日、分かった。所有するシルクレーシングがホームページで発表した。次走に予定している仏G1の凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)での騎乗も見据えての依頼という。

 HPでは、大竹調教師が「次に予定している本番の凱旋門賞で騎乗してもらうことも見据えて、札幌記念の鞍上をオーナーサイドと検討した結果、リーディングトップの川田将雅騎手に依頼しています」とコメントしている。

 同馬はこの日、放牧先の福島・ノーザンファーム天栄から、同じく札幌記念に出走し、凱旋門賞を目標にするフィエールマンと同じ馬運車で函館競馬場に入厩した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×