坂東玉三郎、来年で地方の短期公演を“引退”

スポーツ報知
八千代座公演の終了を発表した坂東玉三郎

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(69)が25日、都内で熊本・山鹿市の八千代座公演「坂東玉三郎 映像×舞踊公演」(10月30日~11月4日)の発表会見に出席。来年初夏の公演で、90年から出演し続けている同所での公演を最後にするとともに、地方での短期間の公演を行わないと発表した。

 玉三郎は「体力的な問題。同じところに長く滞在していると体調を整えられるが、単発の舞踊は体調管理が難しい。お客様に十分なものをお届けできない。地方での単発の公演はほとんど不可能な状態になったということをお伝えしないといけない」と説明。5年ほど前から考え始め、来年で八千代座での公演が30周年(97~2001年は改修のため公演はなし)となるのを機に決断したという。歌舞伎座など長期に渡る公演には今後も出演する。

 八千代座の公演が終わることに「さみしさはない。あったらやってるとおもう。はかなさはあるが、舞台ははかないものなので」とスッキリした表情。「次の世代の方々の企画をお願いしたい。僕がいると新しい企画がなかなか出てこないというのが実情なので、更地にしてあげた方が、次の方々の企画を考えやすいと思った」と後進に託すことも理由の1つとした。

 今年は「鷺娘」「楊貴妃」でシネマ歌舞伎の映像と実演を部分的に披露する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請