【広島】緒方監督に厳重注意、野間に複数回平手打ちで…6月DeNA戦で全力疾走怠ったと判断

試合後、ファンへあいさつをする緒方監督
試合後、ファンへあいさつをする緒方監督

 広島は24日、緒方孝市監督(50)が6月30日のDeNA戦(横浜)の試合後、野間峻祥外野手(26)を平手で複数回叩いていたと発表。球団は今月15日付で厳重注意処分とし、同監督は同日のDeNA戦(同)の試合前、野間らナイン、首脳陣、チームスタッフの前で「迷惑をかけた。申し訳ない」と謝罪した。

 野間は6月30日の試合で2―2の延長11回1死、投手への飛球を打ったが、投手はノーバウンド捕球できず、投ゴロに終わった。緒方監督は全力疾走を怠りアウトになったと判断した。チームはその試合を引き分けた後、9連敗を重ねて20年ぶりの11連敗。緒方監督が謝罪した後半戦開幕の15日に連敗が止まっていた。

 同監督は「手を上げてしまったことは事実。深く反省しております。選手がプレーに集中しにくい環境をつくってしまったことは本意でなく、申し訳ない」と、報道陣に説明。鈴木球団本部長によると、野間は「監督の気持ちは理解している。監督に不平不満はない。この問題を大きくしたくない」と球団に伝えたという。同球団本部長は「手を上げること自体が駄目。監督に厳しく言った。野間選手の姿勢を正す過程において、いきすぎた行為があった。再発防止に努める」と話した。日本野球機構(NPB)にも報告を済ましている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請