【広島】野間を平手で叩き厳重注意の緒方監督「深く反省している」…会見要旨

中日に勝利し、ファンへあいさつをする緒方監督
中日に勝利し、ファンへあいさつをする緒方監督

 広島は24日、緒方孝市監督(50)が6月30日のDeNA戦(横浜)の試合後、全力疾走を怠った野間峻祥外野手(26)を平手で複数回叩いたと発表。球団は今月15日付で鈴木本部長の名で緒方監督を厳重注意処分とし、同日、同監督は野間を含むナイン全員を集めて謝罪した。

 野間は6月30日のDeNA戦で2―2の11回1死、投手への飛球を打ったが、投手がノーバウンドで捕球できず、結果投ゴロとなった。緒方監督は全力疾走を怠っていなければセーフになったと判断したとみられる。

 緒方監督はこの日の中日戦後、取材に応じて「手を挙げてしまったことは事実です。会社(球団)に報告した上で厳重注意処分を受けました。深く反省しております。また、選手がプレーに集中しにくい環境をつくってしまったことは本意ではなく、申し訳ないです」と改めて謝罪。野間は「この件に関しては常務(鈴木球団本部長)に任せています」とだけ説明した。

 鈴木本部長はこの日、マツダスタジアムで会見した。要旨は以下の通り。

 6月30日のDeNA戦後、緒方監督が野間選手の姿勢を正す過程で行きすぎた行為があった。監督室で他に複数の人物がいる中、同選手を拳ではなく平手で複数回叩いた。同選手の体のどこに当たったかはお知らせしない。

 同監督は「申し訳ありません」と深く反省しているが、行為は許されるものではない。7月15日付けで厳重注意処分として、二度と同様の案件を起こさないよう厳命した。

 同監督は7月15日のDeNA戦(横浜)の試合前、ナイン、コーチを集めて謝罪。私(鈴木球団本部長)も同席した。「申し訳ありませんでした」のほか、「報道されることによって選手のプレーに影響が出るとしたら本意ではない」と話した。野間選手はけがなくプレーしており、緒方監督への恨みもなく、むしろ気持ちを理解している。人間関係も崩れていない。ことを大きくしてほしくないという要望も語った。

 同監督が選手に手を挙げたのは就任後、初めて。常習的ではない。(7月1~3日の間に野手では坂倉と小窪を昇格させ、小園、長野、バティスタの出場選手登録を抹消した中で)誰を2軍に落とすかを考えたが、(降格させなかった野間への)情があったが故に、この案件を起こしたと解釈している。

 その意味で、この案件を暴力だととらえていない。ファームも含めて、最近、同様の案件は起きていないと報告を受けた。だが、同様の案件は指導者と選手間だけでなく、選手同士でも起こさないよう、再発防止に務めるよう関係各所に厳命した。松田オーナーも「いかんな」と憂慮している。NPBにも報告を済ませた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請