GMOが駅伝参戦 青学大出身の森田歩希、東大出身の近藤秀一らが加入

GMOアスリーツ駅伝参入会見に出席した(左から)下田裕太、花田勝彦監督、山岸宏貴、橋本崚、一色恭志
GMOアスリーツ駅伝参入会見に出席した(左から)下田裕太、花田勝彦監督、山岸宏貴、橋本崚、一色恭志
GMOアスリーツ駅伝参入会見に出席した(左から)アドバイザーの青学大・原晋監督、花田勝彦監督、安田昌史部長
GMOアスリーツ駅伝参入会見に出席した(左から)アドバイザーの青学大・原晋監督、花田勝彦監督、安田昌史部長

 陸上のGMOアスリーツは24日、東京・渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで会見を行い、今季から駅伝に参戦することを発表した。11月の東日本実業団駅伝、さらに来年1月1日のニューイヤー(全日本実業団)駅伝で上位を目指す。

 GMOアスリーツは2016年に発足。1996年アトランタ五輪、2000年シドニー五輪長距離代表の花田勝彦監督(48)が率いて、青学大の原晋監督(52)がアドバイザーを務める。昨季までは選手数が少なかったが、今春、青学大のダブルエース森田歩希(23)&林奎介(22)、東大の秀才ランナー近藤秀一(23)が加入。「選手層の拡大に伴い、チームとして必要な陣容が整ったことから、個人だけではなくチームでも『NO1』を目指すべく、所属選手10名が一丸となるチーム競技『駅伝』に挑戦することといたしました」とGMOアスリーツはチームとして公式に表明した。

 創部4年目を迎える今季、橋本崚(25)と一色恭志(25)が20年東京五輪マラソン代表選考会(9月15日)に挑戦。さらに山岸宏貴(27)がカタール・ドーハ世界陸上(9月27日開幕)にマラソン日本代表として出場する。マラソンの実績を積み上げつつある。

 森田と林は、箱根駅伝3区、同7区で、それぞれ区間記録を持ち、ロードの強さは折り紙つき。マラソン10代日本最高記録(2時間11分34秒)保持者の下田裕太(23)ら有望若手選手も在籍する。有力外国人ランナーも新たに加わり、初挑戦の駅伝で存在感を発揮することになりそうだ。

GMOアスリーツ駅伝参入会見に出席した(左から)下田裕太、花田勝彦監督、山岸宏貴、橋本崚、一色恭志
GMOアスリーツ駅伝参入会見に出席した(左から)アドバイザーの青学大・原晋監督、花田勝彦監督、安田昌史部長
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請