藤井聡太七段が竜王戦敗退…年内のタイトル挑戦は消滅「今の実力では足りない」

大阪・関西将棋会館での竜王戦決勝トーナメントで豊島将之名人(右)に敗れ、肩を落とす藤井聡太七段
大阪・関西将棋会館での竜王戦決勝トーナメントで豊島将之名人(右)に敗れ、肩を落とす藤井聡太七段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が23日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第32期竜王戦決勝トーナメントで、後手の豊島将之名人(29)=王位と2冠=に146手で敗れた。

 屋敷伸之九段(47)が1989年度の棋聖戦に17歳10か月で挑んだ最年少タイトル挑戦記録を塗り替える17歳3か月での初挑戦まで、残りあと3人だったが、強敵相手に力尽きた。

 今月19日に誕生日を迎えた藤井だが、17歳初の公式戦を飾ることはできなかった。同郷・愛知の豊島名人には、この日に収録分が放送された銀河戦に続いて3戦全敗。ベスト4進出を阻まれた。藤井は「中盤、動いていったが、的確に対応された。駒がぶつかりあってからの読みの精度で差が出てしまった。そのあたりが課題かなと思います」と敗因を述べた。

 これで藤井の年内のタイトル挑戦はなくなり、今期中でも可能性があるのは王将戦のみに。例年1月に7番勝負が始まる王将戦の挑戦権を得られれば、17歳5か月で最年少挑戦記録を更新できる。来期を含めば、例年4月に7番勝負があり、現在予選に参戦中の叡王戦も更新のチャンスが残る。同じく予選を勝ち進んでいる棋聖戦も5番勝負が6月上旬の初戦なら、日数的にギリギリ上回ることになる。

 藤井は「今の実力では足りないところが多い。まだまだ力を付けることが必要かなと思います」と話した。

 豊島名人は8月2日の次戦で渡辺明3冠(35)=棋王、王将、棋聖=と準決勝でぶつかる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請