【ロッテ】投壊…5被弾含む11失点大敗に井口監督「守り勝たないといけない」

スポーツ報知
1回、今宮健太、松田宣浩、デスパイネに三者連続で被弾した岩下大輝(右)と、厳しい表情の井口監督(カメラ・岩下 翔太

◆ソフトバンク11―7ロッテ(23日・ヤフオクドーム)

 終始、リードを許したまま押し切られてしまった。井口資仁監督(44)は「なかなか流れを持ってこられなかった。点は取れたので守り勝たないといけない。岩下は立ち上がりが課題だと思う。ここ何試合か続いているので、その辺をどう調整するか考えてもらいたい」と厳しい表情で振り返った。

 打線は角中、レアード、井上の2打席連続アーチの4本塁打で7得点を挙げたが、投手陣が踏ん張れなかった。

 先発・岩下が初回に3者連続でソロを被弾。さらに3回にも松田に2打席連発となるソロを浴びた。後を継いだ東條、チェン、田中も失点し反撃ムードに水を差した。これで後半戦は2勝5敗と失速気味。上位進出へ正念場がやってきた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×