【阪神】近本 後半戦初アーチは値千金の7号逆転3ラン「最高の結果になりました」

逆転3ランを放ち、西(左)、北條(右)に祝福される阪神・近本
逆転3ランを放ち、西(左)、北條(右)に祝福される阪神・近本

◆阪神―ヤクルト(21日・甲子園)

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)が、5回に逆転アーチを描いた。

 0―1で迎えた5回2死一、2塁。1ボール2ストライクからの4球目だった。右下手投げ・山中の投じた120キロ直球を振り抜いた。7号逆転3ランに「一球前のボールを仕留めきれず、追い込まれてしまったので、何とか食らいついてという意識がホームランという最高の結果になりました」と喜んだ。甲子園は大きく揺れた。

 オールスター第2戦では、球宴1号を含むサイクル安打の大爆発。MVPに輝いたが、シーズンでの一発は6月18日の楽天戦(倉敷)以来21試合ぶり。後半戦は初のホームランだ。初対戦の変則投手相手にも、フルスイングを貫いた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請