【日本ハム】連勝は5でストップ 先発・堀が初回に7失点

日本ハム先発の堀瑞輝は初回に7失点し厳しい表情でベンチに戻る
日本ハム先発の堀瑞輝は初回に7失点し厳しい表情でベンチに戻る

◆日本ハム4―9ロッテ(21日・札幌ドーム)

 日本ハムの後半戦の連勝が5で止まった。初回に先発・堀瑞輝投手(21)が7失点と試合を作れなかった。

 立ち上がりが全てだった。「チームの流れがいい仲で迷惑なピッチングをしてしまった」と堀。先頭・荻野を安打で出すと、2番・三木の犠打野選、鈴木のバント安打で無死満塁。「落ち着けなかったのもあった」。2本の適時打と犠飛で4点を奪われると、9番・三家に3ランを浴び一挙7点を失った。

 栗山監督は「ボールはそんな悪く見えなかった。良くも悪くもなんとか試合をまとめられるように投げるのが投手。経験なのかもしれないんだけど、そういうレベルにはもう来てる」と思いを語った。21歳の左腕にとって次のステップへ進む時期。次世代を担う左腕は「今のピッチングでは無理だと思うので。もっと落ち着きを持てるように投げられたら」と奮起を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請