宮迫博之、相方・蛍原に「すまないです。すいません」

涙ながらに会見する宮迫博之、田村亮
涙ながらに会見する宮迫博之、田村亮
謝罪会見を行った宮迫博之と田村亮 
謝罪会見を行った宮迫博之と田村亮 

 大規模振り込め詐欺グループの会合に闇営業で出演し、吉本興業から謹慎処分を受け、契約解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日、都内で会見。宮迫は「なによりも詐欺の被害にあわれた被害者の方、ご家族、親族の方々にとんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせて下さい」、田村も「僕の弱い部分、人としてダメな部分で虚偽の説明をしてしまい、その行動、言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてしまった方々、いやな気持ちになった方々、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 田村亮は、相方の淳について、「僕は今回、会見するとこのツイッターで送ったんですけれど、その前に淳と電話をしようとして、なかなか連絡がつかずツイッターをあげた後に電話で話すことができた」と明かし、「その前の日にも、その前の前の日にも話せて僕が引退か契約解除かという話をしていたんですけれど、僕はどちらを選ぶか迷っていました。淳と一緒にできないという判断もしなくちゃいけない。番組のスタッフと離れなくちゃいけない。僕はちゃんと自分の口で謝りたい。お金の件は言いたい。本当のことを伝えたりさせてくれないということがどうしても引っかかって、僕の場合はまだ契約解除が出ていなかった。会見を開いている今でも契約解除になっていなくて、その状態もしんどくて。そして淳には、宮迫さんと会見(することを)決めて、コンビができなくなる。すまないと。でも本当のことが言いたいと。淳は『相談してほしかった』と。でも『正直なことを言うのは応援する』と。『俺個人的にはコンビ解散と思っていないからな』と言ってくれました」と語った。

 宮迫も相方の蛍原徹について、「30年、だれよりも一緒にいて親よりも子供よりも誰よりも長く一緒に時間を過ごして、こんなやつのためにあいつは何回も何回も頭を下げてくれている。数えきれないくらい頭を下げてくれているんです。なのに今回の騒動で電話をかけたら『大丈夫やから。俺はこっちは大丈夫やから』としか言わないです。だから、申し訳ないから、すまないです。すいません」と声を振り絞った。

涙ながらに会見する宮迫博之、田村亮
謝罪会見を行った宮迫博之と田村亮 
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請