宮迫博之、反社会勢力パーティーと「同じスポンサー」が入江主催で吉本社員もいるイベントに

謝罪会見する宮迫博之、田村亮 
謝罪会見する宮迫博之、田村亮 

 大規模振り込め詐欺グループの会合に闇営業で出演し、吉本興業から謹慎処分を受け、契約解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日、都内で会見。宮迫は「なによりも詐欺の被害にあわれた被害者の方、ご家族、親族の方々にとんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせて下さい」、田村も「僕の弱い部分、人としてダメな部分で虚偽の説明をしてしまい、その行動、言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてしまった方々、いやな気持ちになった方々、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 反社会勢力の集まりに行ったことについて、宮迫は「正確に何日前か覚えていないが、飲みの席にいて、今度『結婚パーティーに顔を出してもらえませんか』と。酔っていたんですけれど、『空いていたら行くわ』と入江君に言いました。値段を聞くと、50万と100万だと。亮くんが『そんな大金大丈夫か?』と。入江君に聞いたみたいで、『僕のイベントのスポンサーについてくれている。吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなので安心です』。そこで亮君は大丈夫かと。僕は酔っぱらっていて記憶がなくて。亮君は覚えているみたいです。正確に言うと僕たちは最後の10~15分くらいしか行っていなくて。HGがいたとか、福島君がいたとかは覚えていなくて。そこは入江君しか把握していない」と説明。

 さらに「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」だったこともあり、安心してしまったと説明。「吉本という大きな会社ですら気づけなかったというのは、一個人で判断するのは難しいと思う」と、反社会的勢力を見分ける難しさを語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請