宮迫博之「もらっていないと言うよう、指示を出しました」会見で説明

謝罪会見を行った宮迫博之と田村亮 
謝罪会見を行った宮迫博之と田村亮 

 大規模振り込め詐欺グループの会合に闇営業で出演し、吉本興業から謹慎処分を受け、契約解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日、都内で会見。宮迫は「なによりも詐欺の被害にあわれた被害者の方、ご家族、親族の方々にとんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせて下さい」、田村も「僕の弱い部分、人としてダメな部分で虚偽の説明をしてしまい、その行動、言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてしまった方々、いやな気持ちになった方々、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 さらに宮迫は「引退を覚悟して、謝罪会見をしたいという意向は会社に伝えたことはございます。その引退してでも記者会見をしたいという経緯をお話しすると、非常に長くなってしまいますが、よろしいでしょうか」と断った上で、「まず最初に、僕がフライデーの直撃を受け、『反社会勢力のパーティーに参加しましたか?出演者全員、100万円ずつギャラを受け取ったか』と聞かれた。5年ほど前のことなので全く記憶がなく、写真を見せられてもはっきり思い出せませんでした。『全員が100万円がもらえるような営業あるわけないよ。それに反社会的勢力なんて、知り合いはいない。分からないから会社に言ってくれ』とその場を離れました。マンションの自分に家につく前に、入江君に電話をしました。入江君も最初は思い出せなかったけれど、こんなメンバーがいるというと思い出したようで、その時に入江君が反社会的勢力とつながっていたかどうか、被害者の方々から受けとった金を僕たちが受け取ったということにせず、付き合いだけを確認した。『そんなのはない。絶対やな、その時の僕はこんな記事は載るわけない』と電話を切った。入江君からお金のこと言わなくていいですかと。その写真に写っているメンバーから見て、お車代、もらっています。そのあと、年末にいつも忘年会を開いて受け取ってそのお金を払ってくれと言っていたので、そうですと。本当に自分の身勝手な解釈で、お車代程度で『もらっていないでええんとちゃうか』と言ってしまいました。ほかのメンバーにも『もらっていない』と言うよう、入江君にも指示を出しました。会社にも言ってくれと指示を出しました。そこから2日がたち、入江君から電話があり解雇されたと聞きました。まだその時、事の重大さに気づいていませんでした。詐欺被害者の方々がいるということを聞いていませんでした。なぜこんなことで解雇になるんだと会社に詰め寄っていしまいました」と当時の状況を説明した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請