宮迫「契約解消でいい」「会見したくない」…吉本興業が“解雇” 金塊強盗と疑惑の“ギャラ飲み”

吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之
吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之

 吉本興業は19日、大規模振り込め詐欺グループの会合に闇営業で出演し、謹慎処分を受けていた「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)とのマネジメント契約を解消した。吉本興業は「諸般の事情を考慮し、今後のマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断した」と理由を説明した。当初はギャラの受け取りを否定も、後に100万円を受け取ったことが判明するなど、“証言”が二転三転し、事実上の芸能活動の引退に追い込まれた。宮迫は2015年に都内でたこ焼き店をオープンさせており、引退後の活動は実業家になりそうだ。

 バラエティーにドラマに引っ張りだこだった宮迫が、自らの声で事情を説明することもなく、静かに芸能活動に幕を下ろした。

 吉本興業は19日付で宮迫とのマネジメント契約を解消したと公表。本人には同日朝、弁護士を通じて通告した。当初は、都内のホテルを予約し会見を開くことも模索していた。「(契約解消や引退など)選択肢はいろいろあるので提案していた」(同社幹部)。だがテレビ関係者によると、18日夜に予定していた同社との打ち合わせを宮迫が拒否。「契約解消でいい。会見したくありません」と伝えてきたという。契約解消理由として同社は「今後のマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断しました」とコメントした。

 5年前の反社会的勢力の会合に「闇営業」で出席していたことが明らかになったのは6月だった。事件を報じた写真週刊誌「FRIDAY」の取材に宮迫は当初、ギャラの受け取りを否定していた。だが、その後の吉本興業の調査で金銭授受が発覚。7月に入り100万円の報酬を得たことが明らかになった。

 加えて、19日付の「FRIDAY」で、2016年に福岡で起こり、警察官を装う手口から「平成の3億円事件」といわれた金塊強奪事件の主犯格だった被告と事件直後に高級クラブで酒席を共にし、金銭授受があったと報じられた。新たな疑惑が“追い打ち”をかけた。

 契約解消の判断に、金塊強奪犯との交際疑惑は影響していないとしているが、同社幹部は「公表できるものではないが、宮迫に限らずいろんな情報が寄せられている。虚偽の情報も含めて。それをその都度、確認している。総合的に判断しました」と“余罪”の存在を示唆した。

 さらに、「(ギャラの受け取りを否定した)虚偽の発言も(処分の)要素に入っています。各所に迷惑をかけた。反省は一貫してしていましたが、自分のことというより若手の規範にならなければいけないし、(反社会的勢力との交際を)注意する立場。自覚と脇の甘さが招いたこと」と同社幹部。結果的に“ウソ”が自分の首を絞めた形になった。

 公式HPでは宮迫の写真と文字が消され「雨上がり決死隊 蛍原徹」として相方一人のものに。「本人同士の話し合いになりますが解散するとは聞いていません」(同社幹部)と、コンビでの活動はなくなるが、蛍原は「雨上がり―」の“屋号”を残して活動するという。

 宮迫は2015年に東京・五反田でたこ焼き店「みやたこです。」をオープンするなど、実業家としての側面も見せていた。店はこの日も通常営業。店長の男性は「(宮迫の契約解除は)今日知りました。事前に知らされていなかったです」と動揺を隠せない様子。今後は実業家としての活動が主になりそうだ。

 ◆宮迫 博之(みやさこ・ひろゆき)1970年3月31日、大阪市生まれ。49歳。NSC(吉本総合芸能学院)の同期・蛍原徹と89年「雨上がり決死隊」結成。ABCお笑い新人グランプリなど多数の新人賞獲得。役者としても活動し、2003年に「13階段」「蛇イチゴ」の演技で報知映画賞助演男優賞。山口智充とのデュオ「くず」として音楽活動も行った。12年早期胃がんのため休養。17年週刊誌の不倫疑惑には「オフホワイトです」と答えた。

 ◆宮迫騒動の経過

 ▼6月7日 FRIDAYが2014年12月に振り込め詐欺グループの忘年会に宮迫らが出演していたと報道。宮迫は「金銭は受け取っていない」と主張し厳重注意処分に。カラテカ・入江慎也は4日付で吉本から契約解除されていた。

 ▼同24日 宮迫、田村亮らタレント11人が金銭授受を認め、吉本は当面の間、謹慎処分にするとした。

 ▼同27日 MCを務める「アメトーーク!」が謹慎後初の放送。宮迫の出演シーンは全カット。吉本は「決意表明」として「コンプライアンスの徹底と反社会的勢力の排除に関する姿勢」を表明。全タレントに対する研修をスタート。

 ▼同30日 相方・蛍原徹が謹慎処分後、初のテレビ生出演。騒動にはコメントせず。

 ▼7月8日 たむらけんじが宮迫と毎日電話していることを告白。宮迫の近況について「反省の日々。自分が作った状況を分かっている」。

 ▼同13日 吉本がタレントが受け取った報酬額を公表。宮迫は100万円、田村亮は50万円、他のタレントは10万円以下。

 ▼同19日 吉本が宮迫との契約解消を発表。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請