ゴリけん苦節22年、故郷・熊本で念願の冠番組「ゴリ黄門」決定「熊本のみんなが元気になってくれたら」

8月2日スタートのKAB熊本朝日放送「ゴリ黄門」に出演する(左から)中村昌樹、ゴリけん、山口託矢
8月2日スタートのKAB熊本朝日放送「ゴリ黄門」に出演する(左から)中村昌樹、ゴリけん、山口託矢

 おい笑い芸人のゴリけん(45)、九州を拠点に活動する4人組グループ・九星隊(ナインスターズ)が、KAB熊本朝日放送の新番組「ゴリ黄門」(8月2日スタート、金曜・深夜1時50分)に出演することが20日、発表された。

 「熊本を元気にしよう!」。ゴリけんらが水戸黄門の一行にふんし、熊本の元気な人や物を探し、熊本を元気にするロケバラエティー番組。九星隊は毎週2名ずつが登場予定だ。

 初回は熊本城が見える場所からスタート。同県の東西南北を、ゴリ黄門様が駆け付ける。

 地元・熊本出身のゴリけんは「苦節22年、故郷で念願の冠番組。連日スタッフと打ち合わせして、気負って行った最初のロケでしたが、街で出会ったみんなに助けられ、楽しみながら撮影することができました。これを見て、熊本のみんなが元気になってくれたら幸いです」。九星隊も「事務所の大先輩でもあるゴリけんさんと一緒に、熊本でたくさんの人とふれ合い、皆さんを元気にする番組です。1回目のロケでは、出会った皆さんが元気をいっぱいだったので、僕たちも負けないくらい、さらに元気いっぱいにロケを楽しみたいと思います」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請