「仮面のロマネスク」「激情」宝塚歌劇の名演出家・柴田侑宏さん死去 87歳

 宝塚歌劇団の元理事で名演出家の柴田侑宏(しばた・ゆきひろ)さんが19日、亡くなった。87歳だった。宝塚歌劇団がこの日、発表した。遺族の希望で死因などは明らかにされていない。

 柴田さんは1958年に宝塚歌劇団に入団。61年に「河童とあまっこ」で演出家デビューした。76年には、現在でも再演を重ねられている「あかねさす紫の花」「星影の人」「バレンシアの熱い花」を発表した。

 「仮面のロマネスク」を発表した1997年には、宝塚歌劇に対する貢献に対して菊田一夫演劇賞特別賞を受賞した。1999年の「激情」は文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞した。

 2015年の星組トップスター・柚希礼音(ゆずき・れおん)の退団公演「黒豹(ひょう)の如(ごと)く」を、柚希のサヨナラのために、ネタ帳から引っ張り出して書き下ろした。「野性的な面と知的な面が入り混じった男性像を柚希に重ねた」と話していた。この作品が最後のオリジナル作となった。

 通夜は21日午後6時から、告別式は22日午前11時30分から、兵庫県西宮市高畑2の25「エテルノ西宮」で営まれる。喪主は妻の英子(ひでこ)さん。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請