【中日】右小指負傷の高橋は手術回避 3週間でスイング再開か

中日・高橋周平
中日・高橋周平

 中日は19日、右手小指を負傷した高橋周平内野手(25)が手術を回避し、保存療法で復帰を目指すと発表した。

 16日の阪神戦(ナゴヤD)の初回に一塁走者で捕手からのけん制にヘッドスライディングで帰塁。右手を突き「右小指橈側(とうそく)側副靭帯(じんたい)断裂」と診断されていた。

 球団は3週間程度でバットスイングが再開できる見込みであると説明。現在、打率はセ・リーグトップの3割1分9厘だが、規定打席到達には111打席足りない。8月中旬のスタメン復帰が必要となるが、早期回復がかなえば、初タイトルの可能性が残る。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請