住吉、4回一気6点の猛攻で逆転!頂点に立つ…第25回豊中大会

優勝して喜ぶ住吉ナイン
優勝して喜ぶ住吉ナイン

◆第25回 豊中大会 ◇中学1年生の部▽決勝 住吉ボーイズ12―5播磨ボーイズ(15日・中島第一球場)

 「第25回豊中大会」は住吉ボーイズ(大阪南支部)が優勝。

 住吉打線が目覚めたのは4点を追う4回2死だった。まずは中森主将が中前打で出塁すると、続く中西が左翼線へ適時二塁打。さらに押し出し四球で1点を加えた。

 これでナインが乗った。満塁から安部が「集中して打った」と左中間へ走者一掃の三塁打。一気に逆転すると続く豊島にもタイムリーが生まれた。こうなると勢いは止まらない。6回には再び安部、豊島が連続で適時二塁打。西山、清水にもタイムリーが飛び出し一挙5点を奪い試合を決めた。

 投げては4回から登板した豊島が「(投手より)守備が好き」と言いながらも、播磨打線を無失点に抑える好投で締めた。

 試合中は、大声でもチームを引っ張った中森は「ピンチの時もみんなを笑わせてベンチを盛り上げていきたい」と宣言。昨年の関西秋季大会を制した強豪に頼もしい仲間が加わった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請