馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

ボヤく暇なし(美浦)

 こんにちは、坂本です。先週まで函館出張でしたが、今週は関東に戻ってきました。今回は美浦の情報を春木記者、松浦記者から。函館の情報は恩田記者から寄せてもらいました。

 さて、夏と言えば今年も高校野球が盛り上がっていますね。岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を筆頭に注目のスター候補が、どんな活躍をするか楽しみです。そんな私は最近、ネット通販を通じて2008年に発売されたCD「ドキュメント『野村監督語録集~名将かく戦い かく語りき』」を入手しました。08年シーズンのプロ野球・楽天の試合結果とともにノムさんこと当時の野村克也監督の試合後会見の肉声を延々と流し続けるマニアックな逸品ですが、これがまた深みがあるんですね。野球論についてはもちろん、時にはちょっと懐かしい選手の名前が出てきたり。ワインのように約10年間の時を経て、より熟成されて味が出ている感じですかね。

 それでは本題へ。木村厩舎の【セントオブゴールド(牡、父ディープインパクト、母キューティゴールド)】は、Mデムーロ騎手で8月4日の新潟新馬戦(芝1600M)でデビュー予定です。「切れる感じで、いいところがある。おくてだけど、能力はある。将来性も高いですね」と木村調教師。今年の2歳勢が絶好調な“シルク軍団”だけに、注目度は高くなりますね。

 続いて藤沢和厩舎からは、【カトゥルスフェリス(牝、父ディープインパクト、母ステファニーズキトゥン)】が、8月11日の新潟新馬戦(芝1800M)へ。【サンクテュエール(牝、父ディープインパクト、母ヒルダズパッション)】は、同じ8月11日の新潟新馬戦(芝1600M)で、それぞれデビュー予定。個人的にこの2頭は推奨していましたので、熱い1日になりそうです。またファストアプローチの半弟の【メリディアンローグ(牡、父ディープインパクト、母ジョリージョコンド)】は、8月4日の札幌新馬戦(芝1800M)で初陣へ。すでに札幌に入厩して、今週は17日に芝コースで追い切りを消化しています。藤沢和調教師は「ゲートが優秀」とコメントしています。こちらも血統馬で目が離せません。

 国枝厩舎からは、【シンハリング(牝、父ダイワメジャー)】が、8月3日の新潟新馬戦(芝1600M)へMデムーロ騎手でデビューへ。【クロスキー(牡、父ハーツクライ)】は、5月にゲート試験に合格した後、放牧に出されていましたが、7月17日に美浦へ帰厩しました。国枝調教師は「新潟の後半開催のデビューを目指している」とのことです。

 堀厩舎からは、【ヒシエレガンス(牡、父ハービンジャー、母ヴェルザンディ)】が札幌デビューを目指しています。早ければ7月28日の札幌新馬戦(芝1800M)を考えている様子で、「まだ幼い面を見せたり、調教でも集中しないところがあったりと課題もあり、まだ心身ともに成長途上。ただ、現時点では力を出せる状態ですよ」と森助手。伯父にディープインパクトという超良血で、スケールの大きさを期待したいですね。

 また7月6日の福島新馬戦(芝1800M)を制した【フジマサリアル(牝、父リアルインパクト、母メジロヒラリー)】は、すでに放牧に出ており、「次は秋の東京、たぶんアルテミスS(10月26日、東京)あたりになるでしょう」と菊川調教師。祖母メジロドーベルという血統で、成長が楽しみな1頭です。

 函館からは加藤征厩舎の【モルタル(牡、父クロフネ、母グローバルピース)】が、札幌の8月4日の新馬戦(芝1800M)か8月10日の新馬戦(芝1500M)をデビュー戦の候補として調整を進めています。12年のヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの全弟で、パクスアメリカーナなどきょうだいに活躍馬が多い血統です。

 それでは今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請