【阪神】大腸がんから復帰の原口、6月度の「スカパー! サヨナラ賞」を受賞「最高ですね」

6月度の「スカパー! サヨナラ賞」を受賞した原口と授賞式の司会を務めた倉持明日香(カメラ・嶋田直人)
6月度の「スカパー! サヨナラ賞」を受賞した原口と授賞式の司会を務めた倉持明日香(カメラ・嶋田直人)

 阪神・原口文仁捕手(27)が19日、6月度の「スカパー! サヨナラ賞」を受賞した。6月9日の日本ハム戦(甲子園)で、9回2死二、三塁から代打サヨナラ打を放ったことが評価された。5月度はチームメートの高山が受賞しており、阪神勢初の2か月連続受賞となった。

 1月末に大腸がんであることを公表した原口は、交流戦開幕となる6月4日のロッテ戦(ZOZO)から復帰。その試合でいきなり代打で適時二塁打を放つと、9日には本拠で劇的な一打を放って復活をアピールしていた。

 原口は「最高ですね。本当に最高の場面でした。初めての賞をいただいて非常にうれしいです。今後に向けてすごくモチベーションが上がる賞をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請