浦和・槙野、W杯アジア2次予選警戒「未知の相手が多い」

槙野
槙野

 浦和の日本代表DF槙野が18日、W杯アジア2次予選の対戦国を、「未知の相手が多い」と警戒した。

 昨年11月の親善試合・キルギス戦(4〇0)で先発。無失点勝利に貢献したが、敵地では初対戦となり、「相手のホームでは違うチームになる」。来年3月に初めて乗り込むモンゴルは氷点下の気温も想定され、「どの相手も苦労する。簡単なゲームは一つもない」と、険しい目に。代表では自身と同じセンターバックの冨安、畠中ら若手が台頭。32歳のベテランは、「まずはチームで頑張ります」と、メンバー入りを誓った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請