【巨人】原監督「紙一重」惜敗 リリーフ6戦ぶり失点、連続無失点は延べ24人でストップ

5回無死一、二塁、青木宣親(手前)に勝ち越しの3ラン本塁打を打たれた大江竜聖(カメラ・中島 傑)
5回無死一、二塁、青木宣親(手前)に勝ち越しの3ラン本塁打を打たれた大江竜聖(カメラ・中島 傑)

◆ヤクルト5―4巨人(17日・神宮)

 白球は右翼席最前列に飛び込んだ。同点の5回無死一、二塁。代わったばかりの2番手・大江が青木に勝ち越し3ランを浴びた。真ん中の直球を痛打され、この一発が決勝点となった。チームの連勝が5で止まり「失投です。完全に実力不足です」と猛省。巨人のリリーフ投手が失点するのは6試合ぶり、連続無失点は延べ24人でストップした。

 先発メルセデスは梅雨の蒸し暑さに苦しんで初回から毎回安打を浴びた。4回まで1失点も、5回無死から連打を浴びたところで原監督は限界と判断。大江にバトンを託した。20歳左腕は序盤に一度、肩を作っていたとはいえ、急ピッチで肩を作り直して準備。緊急登板に近い形だった。1死後、バレンティンにも一発を浴びて4点差に。指揮官は「ああいう場面で抑えられる投手になってほしいね」と奮起を促した。

 だが、その後の救援陣が踏ん張って、最後まで接戦に持ち込んだ。6回から3番手で登板の沢村は2回40球無失点。8回にデラロサが打球直撃で降板も、田口がカバーして追加点を阻止した。

 当初、課題とされていたリリーフ陣。7日のDeNA戦(東京D)で鍬原が失点して以降、前日まで延べ24人が連続無失点で連勝街道を支えてきた。宮本投手総合コーチが「素晴らしいのはベンチから言う前に自分で登板を計算して早めに準備している」と言うように各自の高い意識が光る。この日も沢村が序盤から自発的に体を動かしていた。

 打線は相手先発の左腕・山田大対策で1番若林、5番陽、7番中島と右打者を並べた。原監督は「粘り強くいきましたけど一歩足らず。紙一重」とすぐ切り替えた。経験の浅い大江には貴重な糧となったに違いない。首位独走のチームは7月は10勝2敗。連勝が止まっても、やることは何も変わらない。(片岡 優帆)

試合詳細

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請