【巨人】新助っ人デラロサ、打球直撃で緊急降板も「大丈夫」

8回2死二塁、青木の打球を足に受けたデラロサ(カメラ・上村 尚平)
8回2死二塁、青木の打球を足に受けたデラロサ(カメラ・上村 尚平)

◆ヤクルト5―4巨人(17日・神宮)

 巨人の新外国人、ルビー・デラロサ投手(30)が緊急降板した。

 1点ビハインドの8回から救援。最速159キロをマークするなど剛腕ぶりを発揮するも、2死二塁から打球が左足に直撃した。そのままベンチに下がり降板となったが、試合後はしっかりとした足取りでクラブハウスへ引き揚げ「大丈夫。(投球は)とても状態はよかった」と話した。

 原監督は「大事には至らないと思います」と説明し、宮本投手総合コーチも「(打球が当たったのは)かかとの所なんで大丈夫。本人も『大丈夫だ。痛みもない』と言っていた」と胸をなで下ろした。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請