桂文福「令和初の彦八まつり楽しんで」

会見を開いた桂文福((前列左から4人目)ら彦八まつりの実行委員
会見を開いた桂文福((前列左から4人目)ら彦八まつりの実行委員

 上方落語協会会長の笑福亭仁智(66)らが17日、大阪・天王寺区の生国魂神社で毎夏恒例の上方落語家によるファン感謝イベント「第29回彦八まつり」(8月31日、9月1日)の開催発表会見を行った。

 大の相撲好きで知られる実行委員長の桂文福(66)は「令和初の彦八まつり。来年の30周年に向けて文福らしさを出そうと、相撲と河内音頭を取り入れました。相撲は繁昌亭に最も良く出た順番に番付てぬぐいを作りました。河内音頭は『彦八音頭』を作詞したのでそれも踊ってもらいたい」と笑顔でPR。仁智も「29回やってきて、それぞれ実行委員会も経験を積んできて色を出してはじけている。彦八まつりに期待してほしい」と来場を呼びかけた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請