ユニバ金の池田向希、初出場のドーハ世陸で五輪内定に挑む「金メダルを目指してやるだけ」

ユニバーシアードの金メダルを掲げた競歩男子の池田向希
ユニバーシアードの金メダルを掲げた競歩男子の池田向希

 ユニバーシアード夏季大会(イタリア・ナポリ)の陸上男子20キロ競歩金メダルの池田向希(21)=東洋大=が16日、羽田空港に帰国した。

 19年ドーハ世界陸上(9~10月)に向けて、暑熱条件下のレースへ適応を試す重要な一戦。水分補給による脱水対策のほか、首や脇を冷やしたり、スタート約30秒前まで氷を握っておいたりするなど、細かな工夫に手応えを深めた。「(レース中は)蒸し暑くなって、いい経験になった。優勝という結果で弾みもついた」と表情を明るくした。

 ドーハ世界陸上で、日本最上位でメダリストとなれば20年東京五輪の内定を得られる。「一番最初に内定させたい。やるからには金メダルを目指してやるだけ。課題をしっかり修正して、レベルアップして当日を迎えたい」と思いを新たにした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請