“持ってない男”の挑戦 JFE東日本・今川優馬が夢見るプロの舞台

夢のプロ入りに向け、新天地でアピールを続ける今川(写真は東海大北海道時代のもの)
夢のプロ入りに向け、新天地でアピールを続ける今川(写真は東海大北海道時代のもの)

 10年ほど前に流行した言葉で表現すれば、彼は間違いなく“持ってない男”になるだろう。

 今川優馬(22)。名前を聞いてすぐにどんな人物か分かる人はかなりのアマチュア野球通だろう。JFE東日本野球部に所属する外野手で社会人1年目のスラッガーだ。強打の2番打者として、現在は都市対抗野球(東京ドーム)に出場しており、14日の初戦では昨年の王者・大阪ガスを相手に2安打を放つ活躍を見せ、3―2の勝利に貢献した。

 6人きょうだいの長兄である今川の野球人生は、決して順風満帆ではなかった。中学時代は軟式野球部に所属していたが、目立った実績はなし。高校は当時、甲子園出場から遠ざかっていたとはいえ、北海道で強豪の東海大四(現・東海大札幌)に推薦ではなく、一般受験で入学。同級生には2014年夏の甲子園で超スローカーブを投げて話題になった西嶋亮太がいた。今川の入学時のポジションはショート。しかし、送球難があり、すぐに外野手へコンバートされた。

 入学してすぐに挫折を味わった今川。それでも当時のチームメートが「あいつは本当に一生懸命練習するし、努力を怠らない」と振り返るように、慣れない守備位置にも練習を積み重ね、2年秋に補欠で初めてベンチ入りを果たした。

 ちょうどその頃、私は北海道支局に赴任し、アマチュア野球を担当。しかし、秋季大会で補欠だった今川を取材する機会はなく、失礼な言い方かもしれないが、球場などで会ったときに笑顔で挨拶をしてくれる「好青年」くらいにしか思っていなかった。

 そんな「好青年」が高校3年生以降、“持ってない男”に変わっていく。冬を越えた今川は春先の練習試合で結果を出し、ついに5月中旬から始まる春季大会で背番号8をつかんだ。しかし、大会が開幕する1週間前の東北遠征で練習試合中にダイビングキャッチを試みて左手首を骨折。レギュラー奪取の歓喜から一転、無念のベンチ外となり、千載一遇の機会を逃してしまった。

 甲子園出場を果たした夏は2ケタ背番号。0―2で敗れた2回戦・山形中央戦で代打出場し、左前安打を放ったが、話題は西嶋に集中し、まったく注目されず。実際、現地にいた私も西嶋の取材に追われていた。10月の長崎国体で今川は1番打者として1本塁打と2本の二塁打。「これならどうだ」と言わんばかりの活躍を見せたが、やはり話題は初回の初球にスローカーブを投げた西嶋に集中。その試合で敗れたため結局、日の目を見ないまま今川の高校野球は幕を閉じてしまった。

 その後、東海大北海道に進学。6人きょうだいの家計に負担をかけないようにするため、自宅から自転車で大学へ通い、夜は焼き肉店で皿洗いのアルバイトをしながら野球に打ち込んだ。2年生まではベンチ外で札幌円山球場でリーグ戦のボールボーイをするかスタンドで応援の日々。彼が3年生になると同時に、私は東京本社の写真部へ異動になったため、最後まで彼の雄姿を記事にすることはなかった。

 ただ、彼の“覚醒”はこの時から始まった。指導者からアッパーに近いスイングを指導されると本塁打を量産。4年春のリーグ戦では5本塁打を放ち、札幌学生リーグ記録を樹立した。優勝に大きく貢献し、プロのスカウトに対してアピールの場となる全日本選手権へ駒を進めた。

 だが、ここで“持ってない男”に厳しい現実が突き付けられる。実は春季キャンプ中に複数の未成年部員の飲酒が発覚。優勝した春季リーグ開幕直前まで対外試合禁止処分を受けていた。困難を乗り越えてつかんだ全国切符だったが、開会式翌日、謹慎中の4月に再び未成年部員が飲酒していた事実が発覚。今川たちは東京入りしていたにもかかわらず、大学側は出場辞退を決定し、グラウンドに立つことは許されなかった。

 あまりにも突然、絶好の“就活の場”を失ってしまった今川だが、決意は固かった。「育成でもいい。どこからでも這い上がる」とプロ志望届を提出。しかし、昨年10月のドラフト会議で名前が呼ばれることはなかった。「何年かかってもプロを目指す」。今川が指名漏れ直後に発した言葉だ。その言葉通り、JFE東日本では1年目ながらレギュラーを獲得し、東京ドームで開催中の都市対抗野球でアピールを続けている。

 入社9年目を迎えた私にとって、こんなにも次々と困難に見舞われた取材相手は今川が初めてだった。そんな彼を私は今回、失礼を承知で“持ってない男”と呼ばせてもらった。「雨垂れ石を穿つ」―。小さな努力でも根気よく続けてやれば、最後には成功するという意味で、今川が好きな言葉だ。来年秋のドラフト会議。これまでの努力が実り、「今川優馬」の名前が呼ばれることを切に願っている。そして一人のファンとして、夢を追い続ける彼の背中を応援していきたい。(記者コラム・相川 和寛)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請