【中日】助っ人勢が大暴れ 同点ソロ&決勝打のアルモンテ「外国人選手がみんないい仕事をしている」

6回2死、アルモンテが右越えに同点ソロを放つ
6回2死、アルモンテが右越えに同点ソロを放つ

◆中日4―2阪神(15日・ナゴヤドーム)

 竜の助っ人勢が後半戦の初戦を勝利に導いた。今季2度目の5連勝に導いた立役者はソイロ・アルモンテ外野手(30)。1点を追う6回2死から、元同僚のガルシアのツーシームを捉えた。「フェンス直撃か本塁打かなと思った。手応えは良かった」と、4月7日のヤクルト戦(神宮)以来となる約3か月ぶりの同点3号ソロを右翼席へ打ち込んだ。

 8回2死一塁では、難敵ジョンソンから右中間を破る決勝適時二塁打。外国人枠もあり4月に出場選手登録を抹消されていたが、2軍で黙々とバットを振り続けチャンスを待った。7月6日に再昇格。「外国人選手がみんないい仕事をしている。今回チャンスをもらい、こういう結果が出た。チームに貢献できるのが自分の喜び」とトレードマークのあごひげを触りながら、笑みを浮かべた。

 この日は助っ人勢が大暴れ。ビシエドは今季初の4安打。9回は、16日からキューバ代表に招集されるため一時帰国するR・マルティネスが3人でピシャリと抑えた。これでチームは今季2度目の5連勝。5位は変わらないが、2位に1ゲーム差と迫り、Aクラスがくっきり見えてきた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請