大阪狭山、タイブレークで値千金のスクイズ決めた!…第31回大阪狭山大会

タイブレークを制し喜ぶ大阪狭山ナイン
タイブレークを制し喜ぶ大阪狭山ナイン

◆第31回大阪狭山大会 ◇中学生の部▽2回戦 大和ボーイズ3―4大阪狭山ボーイズ=タイブレーク=(6、7日・大阪狭山市立野球場ほか)

 「第31回大阪狭山大会」はホスト・大阪狭山ボーイズ(大阪阪南支部)がレギュラー、ジュニアの部ともにベスト8へ進出した。

 ホスト大阪狭山がタイブレークとなった激戦を制した。8回1死満塁から、代打・松浦が「決めるということだけを考えていた」とスクイズ。値千金の勝ち越し点を奪った。

 この1点を重舛が守り切った。3点を追う3回からマウンドに上がった右腕は「流れを変えたかった」と、8回を含め6イニングを2安打無失点。言葉通りにチームに流れを引き寄せた。

 打線がその好投にまず応えたのが7回だ。代打攻勢で1死一、二塁とすると家入が「思いっきりバットを振った」と右越えへ適時二塁打。さらに2死二、三塁から、重舛が中越えへ2点二塁打を放った。起死回生の同点打に3番打者は「メチャクチャうれしかった」と二塁上で何度もガッツポーズした。

 劇的勝利に濱口主将は「最後はみんなの勝とうという気持ちが勝った。この勢いで全員一丸となって優勝を目指す」と力強く宣言した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請