村上博幸が別府競輪初制覇「忘れかけていた久々のビッグタイトルを獲得できてうれしい」

優勝した石井貴子(左)と村上博幸
優勝した石井貴子(左)と村上博幸

 村上博が大会初制覇―。別府競輪G2「第15回サマーナイトフェスティバル」決勝戦が15日、第12Rで行われた。村上博幸(40)=京都・86期=が、渡辺雄太に乗って直線で鋭く追い込んで優勝を飾った。V賞金1100万円(副賞含む)を手にした。同選手のG2優勝は11年2月豊橋「東西王座戦」以来、通算3度目。2着は渡辺、3着は園田匠が入った。「忘れかけていた久々のビッグタイトルを獲得できてうれしい。4コーナーは脚がさんかくに回っていた(笑い)。常に強くなることを考えて練習している。今度はG1。後半戦も頑張りたい」ととびっきりの笑顔を見せた。11Rで行われた「ガールズケイリンフェスティバル」は石井貴子(29)=千葉・106期=が大会初制覇を果たした。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請