海老蔵、休演をブログで謝罪「アデノウィルスや菌が声帯に付着して発声困難に」

市川海老蔵
市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が15日、自身のブログを更新し、体調不良のため歌舞伎座「七月大歌舞伎」同日夜の部公演を休演したことを謝罪した。

 16日の出演や15日夜の部の入場券については決定次第、松竹の公式ホームページで発表される。

 海老蔵は「お知らせ」のタイトルでブログを更新し「すみません。声が出なくなりました。休演です。申し訳ない、本当にすみません」と謝罪。「声を大にして謝りたいです。が、その声が出なくなりました。お医者さんによると疲労もさることながら、アデノウィルスや菌が声帯に付着してしまい発声困難になりました。ここ数日私の出来るありとあらゆる手段を講じて回復を試みましたが、、ダメでした。無念、」とつづった。

 さらに「制作側と医師と相談し本日の夜の部は急性咽頭炎のため休演とさせていただきます。歌舞伎俳優として苦渋の決断でございます」と診断結果を報告。「今日の公演に来ていただく予定だったみなさま本当に申し訳ありません。明日以降まだどうなるかわかりません。ひとまず本日お休みをいただき懸命に回復に努めたいと思います。あらためて本日観劇のご予定だったお客様本当に申し訳ございません」と記した。

 海老蔵は来年5月の13代目市川團十郎白猿襲名にちなみ、夜の部「星合世(ほしあわせ)十三團 成田千本桜」で全13役を早替わりで演じ、宙乗りにも挑戦している。長男の堀越勸玄くん(6)とは昼の部の「外郎売(ういろううり)」で親子共演している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請