日本代表DF冨安「開幕スタメンを目指す」 ボローニャ移籍の決め手はミハイロビッチ監督の直電

イタリアへ渡った冨安健洋
イタリアへ渡った冨安健洋

 日本人初のセンターバックとしてイタリアに挑戦する日本代表DF冨安健洋(20)=ボローニャ=が15日、成田空港から渡欧した。先月の南米選手権を終え、約2週間のオフを経て出国。オフの期間中は、元所属先のJ2福岡で体を動かし、新シーズンに備えたという。新天地でのさらなるステップアップを見据え、「開幕からスタメンで出られるようにアピールしたい。もっと守備のことを学びたいと思ってイタリアに決めた。守備の国という印象もあるが、素晴らしいストライカーと戦うためにも、シーズンを通して試合に出られるようにしたい」と意気込んだ。

 複数クラブからオファーがある中、ボローニャを選んだ理由は、ミハイロビッチ監督の熱意だった。直接電話でやりとりをした際に「情熱を持っている監督だと感じた。攻撃と守備の両面で、自分のいいところを伝えてくれて、細かく見てくれている印象があった」と決断した。

 2018年1月に福岡からベルギー1部のシントトロイデンに移籍し、1年半あまりでイタリアへ。ステップアップは自身の想像よりも「早いですね。運が良すぎて、こんなにうまくいっていいのかと思う。でも最後までうまくいくことはないし、絶対に壁にもぶつかると思うので諦めずに乗り越えていきたい」と決意を口にした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請