ジョコビッチ、今大会最長4時間57分の激闘制し連覇!フェデラー下し5度目V 

フェデラーを下し5度目のウィンブルドン優勝を飾ったジョコビッチ(ロイター)
フェデラーを下し5度目のウィンブルドン優勝を飾ったジョコビッチ(ロイター)

◆テニス ウィンブルドン 最終日 ▽男子シングルス ノバク・ジョコビッチ3(7―6、1―6、7―6、4―6、13―12)2ロジャー・フェデラー(14日、ロンドン・オールイングランドクラブ)

 決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(32)=セルビア=が第2シードで世界ランク3位のロジャー・フェデラー(37)=スイス=を3―2で下し、連覇で5度目の優勝を飾った。

 試合時間は今大会最長の4時間57分だった。

 第1セットは互いにサービスキープが続き、タイブレイクへでジョコビッチが第1セットを先取した。第2セットは第1、3ゲームをフェデラーがブレイク。一気に0―4と引き離し、6―1でフェデラーが奪った。フェデラーはこのセット、第1サーブからの得点率が100%をマークした。 第3セットは再びサービスキープが続き、タイブレイクをジョコビッチが制した。

 第4セットは第5、7ゲームにフェデラーがブレイク。第8ゲームにはジョコビッチがこの日初めて、ブレイクに成功もフェデラーが奪って最終セットへ。

 最終第5セットは2ゲーム差がつくまで行われ、第15ゲームにフェデラーが先にブレイク。直後の第16ゲームにフェデラーは2度のマッチポイントを握ったが、ジョコビッチが意地のブレイクで、8―8。そのまま12―12まで続き、新ルールのタイブレイクに突入。最後はジョコビッチが強烈なリターンを返し7―3で取り、2連覇を果たした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請