【福井】丹生・玉村、9回途中16K 日米10球団スカウトうならせた

16奪三振の快投を見せた丹生・玉村昇悟
16奪三振の快投を見せた丹生・玉村昇悟

◆第101回全国高校野球選手権福井大会 ▽1回戦 丹生6―2武生商(14日・福井県営)

 福井大会では、丹生(にゅう)の左腕・玉村昇悟投手(3年)も快投を見せ、スカウトをうならせた。

  9回途中毎回の16奪三振にも、丹生のプロ注目左腕・玉村の表情はさえなかった。「不本意です。リズムもイマイチでみんなの足を引っ張ってしまった」。6回に2失点し、さらに2四球と強みである制球面でも課題を残した。

 しかし、140キロ台の直球を中心に2回先頭から7連続K。4回1死から武生商の2番で、いとこの佐藤芳生左翼手(2年)にセーフティーバントを試みられ連続記録は途切れたが「追い込んだら狙っている」の言葉通り“越前のドクターK”っぷりは存分に発揮した。

 公立校に現れた好投手を一目見ようと、ネット裏では巨人など10球団のスカウトが熱視線を送った。複数で訪れた球団も多く、オリックス・古屋編成部副部長は「左でこれだけコントロールのある投手はなかなかいない。見る価値はあった」と評した。玉村の入学後、チームは3度、県4強の壁に阻まれてきた。「甲子園が目標。そのためにまず8強を超えたい」。三振の山を築き、初の聖地にみんなを連れて行く。(筒井 琴美)

 ◆玉村 昇悟(たまむら・しょうご)2001年4月16日、福井県丹生郡越前町生まれ。18歳。小3で「宮崎ファイヤーズ」で投手兼外野手として野球を始める。宮崎中では軟式野球部に所属し、主将も務めた。丹生高では1年春からベンチ入り。177センチ、74キロ。左投左打。家族は両親と祖父母と兄と妹。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請