【ソフトバンク】故障者が続々復帰 今宮が15日、森が17日の2軍戦で実戦復帰

復帰が近いソフトバンク・今宮(左)と森
復帰が近いソフトバンク・今宮(左)と森

 ソフトバンクの今宮健太内野手(27)、森唯斗投手(27)が今週中に実戦復帰する。今宮は15日のウエスタン・中日戦(タマ筑後)、森は17日の同カードに出場する見込みだ。

 今宮は古傷の左太もも裏痛で6月22日に抹消され、約1か月ぶりの実戦復帰。14日は福岡・筑後市内のファーム施設で、2軍の練習に参加。「今、気になるところはない。段階を踏んでやっていきたい」。視察した工藤監督も「本人が思っていたよりも時間はかかっただろうが、段階は上がってきている。(患部を)気にするそぶりもなかった」と安心した様子。一方、右広背筋・大円筋部分損傷で、6月16日に抹消された森は、ブルペン入りし35球。「このまま状態を上げていければ」と力を込めた。

 また、17年の最優秀中継ぎ投手・岩崎も右肘痛からすでに実戦復帰。16日に復帰後、2試合目のマウンドに上がる。「今、中継ぎは頑張ってくれているが、1人でも2人でも戻ってくればありがたい」と工藤監督。キューバ代表として国際試合に出場するグラシアルが18日、モイネロが24日から一時的にチームを離れるだけに、故障者の1日も早い1軍復帰が待たれる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請