【函館記念】トップハンデ58キロのエアスピネルは13着完敗

◆第55回函館記念・G3(7月14日、函館・芝2000メートル、良)

 サマー2000シリーズ第2戦、函館のハンデG3は、16頭立てで争われ、1番人気だったハンデ56キロのマイスタイル(牡5歳、栗東・昆貢厩舎、父ハーツクライ)が田中勝春騎手を背に逃げを打ち、直線では9番人気で54キロのマイネルファンロン(丹内祐次騎手)にいったん前に出られたが、ゴール前で差し返して重賞初制覇を決めた。勝ち時計は1分59秒6。田中勝春騎手は、15年福島牝馬S(スイートサルサ)以来のJRA通算重賞50勝目を飾った。

 マイネルファンロンは首差の2着。3番人気だった57・5キロのステイフーリッシュ(中谷雄太騎手)が3着だった。

 福永騎手(エアスピネル=13着)「返し馬から後ろ(トモ)が入ってこない感じで、手先で走っている感じだった。ポジション取り自体は良かった」

レース結果

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請