【北北海道】2年ぶりの甲子園を狙う滝川西、4番・谷内太郎の活躍などで初戦突破

チームの2年ぶり初戦突破に貢献した滝川西の4番・谷内
チームの2年ぶり初戦突破に貢献した滝川西の4番・谷内

◆第101回全国高校野球選手権北北海道大会▽1回戦 滝川西4―2帯広大谷(14日・旭川スタルヒン)

 2年ぶり30度目出場の滝川西は帯広大谷に4―2で競り勝ち、甲子園に出場した2年前に続く初戦突破を飾った。投げてはエース右腕の山崎琳久(3年)が2失点完投。打っては、4番の谷内太郎左翼手(同)が4打数2安打1打点の活躍を見せた。

 1点ビハインドの4回には、先頭で右越え二塁打を放ちチャンスメイク。5回1死二塁からは決勝点となる右前打を放った。今春から4番に定着し始めた谷内は、182センチ、90キロのパワーあふれる体が魅力。「春から取り組んできた朝練の成果が出てきている」と胸を張り、最速145キロ右腕・伊東を擁する旭川北との2回戦に向けても、「相手は関係ない。自分たちの野球をするだけ」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請