馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【名鉄杯】スマハマが逃げ切り JRAレコードを塗り替える快勝

名鉄杯を勝ったスマハマと藤岡佑騎手
名鉄杯を勝ったスマハマと藤岡佑騎手

 7月14日の中京11R・名鉄杯(3歳上オープン、ダート1800メートル=11頭立て)は単勝1・7倍と圧倒的な1番人気だったスマハマ(牡4歳、栗東・高橋亮厩舎)が逃げ切り、オープン2勝目を挙げた。勝ち時計は、2009年のアンタレスSでウォータクティクスがマークしたダート1800メートルのJRAレコード1分47秒8を0秒2上回る1分47秒6だった。

 スタートでスッと先手を奪うと、道中で2番人気のジョーダンキングがまくってきたが、主導権を主張。直線でも叩き合いからしぶとく詰め寄られたが、相手が来れば来るほど伸びそうな脚いろで3/4馬身差をつけて、振り切った。

 今回は1月の東海S3着以来の実戦だったが、力の違いを見せつけるかのような勝利。「完勝ですね。枠も内だったし、朝からの馬場傾向を考えても、ハナに行ければとは思っていました。レースでは常に一生懸命走ってくれますね。能力はすばらしい馬。順調に使っていければ、大きいところに行ける馬だと思います」。このレースのため、主戦場の函館から駆けつけた藤岡佑介騎手は笑顔で振り返った。

 JRAレコードを塗り替える走りに、高橋亮調教師は「時計がどうかと心配したけど、本当に速いね」と驚いた様子だった。今後は放牧に出される予定。

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請