【秋田】金足農、サヨナラ勝ちでミラクル初戦突破 “吉田2世”山形が値千金の同点打

雄物川に9回サヨナラ勝ちし、喜んでベンチを飛び出す金足農ナイン
雄物川に9回サヨナラ勝ちし、喜んでベンチを飛び出す金足農ナイン

 ◆第101回全国高校野球選手権秋田大会 ▽2回戦 金足農5―4雄物川(14日、山田久志サブマリン)

 金足農が劇的なサヨナラ勝ちで初戦突破を決めた。4―2で2点を追う9回先頭、三浦壮磨(3年)が中前打で出塁すると、3番・沢石和也(3年)が右前打。無死二、三塁のチャンスで、背番号「20」の山形琉唯(るい、1年)が右翼線へ2点二塁打を放ち同点に追いつく。山形が犠打で三進すると、2死後に嶋崎響己(3年)がサヨナラの左前打を放った。

 昨夏の甲子園で金足農の準優勝の原動力となった吉田輝星投手(現日本ハム)も、1年生時は背番号「20」を背負っていた。“吉田2世”としても期待される右腕の山形は「なんとか初戦を勝ち抜くことができて良かった」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請