【ソフトバンク】グラシアル、モイネロがチームを離脱 「1つでも2つでも貯金したい」と工藤監督

グラシアル
グラシアル

 ソフトバンクは14日、ジュリスベル・グラシアル内野手(33)とリバン・モイネロ投手(23)が、7月末からペルーで行われる国際大会にキューバ代表として出場するため、チームを離れることを発表した。グラシアルは18日、モイネロは24日に日本を離れ、8月7日に再来日する予定。

 グラシアルは62試合に出場し、打率3割2分9厘、19本塁打、47打点。左膝裏肉離れの柳田ら主力野手の離脱者が多いなか、チームを中軸として活躍。モイネロも37試合に登板し、1勝1敗3セーブ19ホールド、防御率1・51。「勝利の方程式」の一角を担っている。

 貯金16、2位日本ハムと7ゲーム差と首位を快走しているが、“投打”の主力を2人欠く期間は、厳しい戦いが予想される。「2人がいない間を何とか5割で。いや、うちは(カード)勝ち越しを目指している。1つでも2つでも貯金を作れれば」と工藤監督は力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請