寺内健 東京五輪内定1号 6度目五輪へ「今までで一番の結果を」

7位が確定し東京五輪が内定。馬淵崇英コーチは寺内健と握手(カメラ・竜田 卓)
7位が確定し東京五輪が内定。馬淵崇英コーチは寺内健と握手(カメラ・竜田 卓)

 ◆水泳世界選手権 第2日(13日、韓国・光州)

 男子シンクロ板飛び込み決勝で、寺内健(38)、坂井丞(26)=ともにミキハウス=組が、合計389・43点で7位に入り、全競技で個人での東京五輪内定1号に決まった。日本水連が、決勝12組中8位までに入れば出場権を与えるとしていた。寺内は2大会連続6度目の五輪となり、夏季大会の日本人では馬術の杉谷泰造に並ぶ最多タイ記録。また、シンクロ種目への日本ペアの出場は初めてとなる。

 「苦しい戦いだった」。寺内がギリギリの戦いで、誰よりも速く東京五輪切符をつかみ取った。5本目を終え、当落線上の8位。普段、途中経過は見ないが、緊迫した空気に気づいた。「コーチがすごくしっかり教えてきて『落ち着いてや』って言ってくる。そっくりそのまま返したかった」。難易度は決して高くない。入水の姿勢や、同調性という細部で高い評価を導き出した。最終演技で75・33点を上積み。順位をひとつ上げて、フィニッシュした。

 6度目の夢舞台に、27年間指導してきた馬淵崇英コーチは「ここまで来られるとはとうてい思っていなかった。彼のやってきたことは素晴らしい」と、万感の思いを込めて話した。五輪の最高成績は、シドニー大会の高飛び込み5位。「今までで一番の結果を求める」。“レジェンド”の野心は衰えを知らない。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請