中居正広、ジャニーさんに「言ってあげたい。『あなたが一番愛されちゃってるよ』って」

中居正広
中居正広

 タレントの中居正広(46)が13日、司会を務めるテレビ朝日系「中居正広のニュースな会」(正午)に出演し、9日にくも膜下出血のため死去したジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さん(享年87)について初めて語った。思い出を振り返り「『愛されるように頑張りなさい』って言うジャニーさんが一番愛されちゃってるよ」と涙をこらえコメントした。

 言葉を探すように、中居はジャニーさんへの思いを語った。「中居正広のニュースな会」は所属タレントらによる家族葬が営まれた12日に収録。冒頭、ジャニーさんの功績をまとめた約10分間のVTRが流され、SMAPのデビュー映像の場面では懐かしそうに、時折笑みを交えながら見守った。

 VTR後、「僕個人にとっても大きなできごと」と切り出した中居は、これまで沈黙を守った理由を説明。訃報のタイミングで世界野球「プレミア12」の公認サポートキャプテンに就任する発表がなされたため「(プレミア12が)濁ってしまうのも良くないし、ジャニーさんへのコメントも濁ってしまうから、差し控えさせていただいた」と真意を明かした。

 涙こらえて 今でこそ人気MCに成長した中居だが「トークのスキルを一番最初に見いだしてくれたのはジャニーさん」と感謝した。15~16歳のころ光GENJIのコンサートの前説を1人で任されたといい「ジャニーさんが台本を書いてくれてそれを丸暗記して毎回しゃべっていたんですけど、ユーモアを入れるとたまにウケる。それを繰り返すと『違うことを考えながらしゃべりなさい』って怒られた。少年隊みたいになりたいって思ってたのに何で俺、トークなんだと思った」と昔に戻ったように語った。

 ジャニーさんの救急搬送後、病室でしばしば面会していたという中居は「本当にちょこちょこ会っていたので『バイバイ、また来るね~』が最後だったのかな」としんみり。「たくさんの人々に愛されるように、って(タレントを)世に出してるわけじゃないですか。でも『皆さんに愛されるように頑張りなさい』って言うジャニーさんが一番愛されているなと感じた」と涙をこらえながら天を指さし「言ってあげたい。『あなたが一番愛されちゃってるよ』って。これも不思議な感覚だなって」と万感の思いを込めていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請