宮迫、やっぱりギャラ100万円もらっていた 吉本興業が闇営業報酬を公表

宮迫博之
宮迫博之

 反社会的勢力の会合に「闇営業」で出席し、所属する吉本興業から当面の間の謹慎処分を受けている問題で、「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が100万円、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が50万円を報酬として受け取っていたことが13日、明らかになった。

 吉本興業がこの日、暴力団関係者の会合に出席していた「スリムクラブ」の2人を含む13人の報酬額をホームページで公表した。税務申告していなかったことから、この日までに修正申告。同社の広報担当は「日々のヒヤリングで判明しました。電話も含めると毎日話し合いはしています」と説明した。

 宮迫らの「闇営業」は写真誌「フライデー」が報道。同誌の「ギャラは100万円と聞いています」との直撃に宮迫は「そんなカネはもらってへんよ」と否定。自身のツイッターでも記憶があいまいとしながらも「ギャラはもらってないのですが…」としていた。

 だが、その後のヒアリングで金銭授受が認められ、吉本興業は「厳重注意」から「当面の間の謹慎処分」と変更。宮迫は「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメントで謝罪。吉本興業は「報じられていたような金額ではありませんでしたが、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と説明していた。

 今回、宮迫が報じられていた通りの100万円、亮が50万円もの報酬を受けていたことが判明。相当な大金だけに「うっかり」ではなく確信的にウソを重ねていた可能性が高い。「反社会的勢力とは知らなかった」と話していることも説得力を欠くことは否めない。

 謹慎処分の期間は「当面の間」としているが、宮迫、亮に関しては額が額だけに年内の復帰どころか、長期化が必至な状況だ。一方、宮迫、亮以外の11人は報酬が10万円以下。関係者によると11人については早期復帰の可能性もあるという。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請