【巨人】デラロサ、1軍練習に初合流 新守護神プランも「早く投げたい」

宮本投手総合コーチの見つめる前で投球練習したデラロサ
宮本投手総合コーチの見つめる前で投球練習したデラロサ

 巨人の新外国人右腕、ルビー・デラロサ投手(30)=ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ=が13日、G球場での1軍全体練習に初合流し、首脳陣の前でブルペン投球を披露した。制球力やクイックモーションの精度の高さをアピールし「早く投げたいというワクワクした気持ち」と自信満々。セットアッパーとして期待されるが、宮本投手総合コーチは新守護神に据えるプランも明かした。

 うなりをあげるボールが、次々とキャッチャーミットを鳴らす。デラロサは満足そうにうなずいた。「チームの力になるチャンスが近づいたということで、自分のモチベーションも上がっているし、持っているものを見せられるようにしたい」。1軍初合流すると、首脳陣の前でブルペン投球。直球のほか、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げ込んだ。

 投球を見守った宮本投手総合コーチも、初めてナマで見た新助っ人を絶賛した。「インサイド、アウトサイドを投げ分けられる。逆球は1球もなかった。(クイックモーション?)めちゃくちゃ速かったね。1・1秒ないんじゃないですか」。当面はマシソンとの併用で連投を避けさせる方針だが、「(守護神?)それはもちろんあるでしょう。先発経験者なんで来年、再来年は先発もあるかもしれない」と示唆した。

 すでに2軍では2試合に登板し、計2イニングをパーフェクトに抑えている。日本人打者についてさらなる研究を進めているといい「早く投げたいというワクワクした気持ち。(起用されるのが)何回であろうと、任されたイニングを投げる」と闘争心を抑えきれない様子だ。勝負の後半戦で、V奪回への新兵器がベールを脱ぐ。(尾形 圭亮)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請