宇崎竜童、歌詞が覚えられず脳神経外科受診「認知症ではないと言われた」

 歌手の宇崎竜童(73)が13日、東京・府中の森芸術劇場どりーむホールで全国ツアー「ロックンロールハート2019」の初日公演を迎えた。

 約1年ぶりのライブで、同タイトルでのコンサートは今回が3回目。宇崎は、ここ数年よく歌詞を間違えるため、妻で作詞家・阿木燿子氏(74)と脳神経外科で検査を受けたことを告白。「認知症ではないと言われた。でも、なんで歌詞が覚えられないか分からない」と悩みを吐露。リハーサルでも歌詞を間違えたが、「後悔するけど、反省はしない。2秒で立ち直る」という持ち前の前向きさで、本番はヒット曲「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」など、全22曲を変わらぬ力強さで披露した。

 同ツアーは、阿木がプロデューサーを務める。芸能界きってのおしどり夫婦で知られ、公演前に2ショットで会見に臨み、宇崎は、「喜怒哀楽を全て分かち合いたい。ケンカすることもなく、気が合っているんだと思う。何で他の夫婦は飽きるんだろうね」と大ノロケ。

 夫婦共同で山口百恵さんの「プレイバックPart2」などヒット曲を連発した。70~80年代は、阿木が先に作詞したものに宇崎が曲を付けていたようで、「詞が提出されたらメロディーがすぐできる。10分で書けました」と宇崎。90年代以降は、順番が逆になり、宇崎が先に曲を作り、後から阿木が詞を付けるスタイルに変更したという。「良くない時に最近は(阿木から)『これでいいの?遺作になるかもよ?』と言われる」と苦笑いした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請