【浦和】相手ゴール取り消し→得点認められる波乱…横浜Mに1―3で敗戦

前半、横浜M・ティーラトン(中)は浦和戦でFKを蹴る
前半、横浜M・ティーラトン(中)は浦和戦でFKを蹴る

◇明治安田生命J1リーグ▽第19節 横浜M1―3(13日・日産ス)

 浦和は敵地で横浜Mに1―3で敗れた。

 リーグ最多の30得点を誇る横浜Mとの一戦。エジガルジュニオ、マルコスジュニオール、仲川の3人だけで24ゴールを挙げている強力FW陣を中心に序盤から猛攻を受け、劣勢を強いられる展開に。前半38分、U―22日本代表DF橋岡が芝に足を取られて転倒した流れからパスをつながれ、MF遠藤に先制点を奪われた。

 後半14分、相手のゴールが一度はオフサイドと判定されながら再度、得点と認められるハプニングに見舞われた。同24分にオウンゴールで1点差に迫ったが、同41分にエジガルジュニオにPKで3点目を決められた。

 4月5日のホーム戦で0―3と大敗した相手にリベンジを果たすことができず、試合後にはサポーターから大ブーイングを浴びた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請