【阪神】近本、本拠甲子園で史上初のルーキー先頭打者アーチ「最高に嬉しい」

初回、左中間に先頭打者本塁打を放つ阪神・近本
初回、左中間に先頭打者本塁打を放つ阪神・近本

◆マイナビオールスターゲーム2019 ▽第2戦 全セ―全パ(13日・甲子園)

 阪神・近本が、いきなり大仕事をやってのけた。初回先頭で、山岡の147キロ直球をフルスイング。雨が降りしきる中、打球は左中間スタンドに吸い込まれた。新人の初回先頭弾は史上初の快挙。ルーキーでは史上4人目のアーチとなった。

 「みなさんフルスイングしていたので、自分も初球からいってやろうと思っていました。打った瞬間打球を見失って、ホームランになったことにも最初は気づきませんでしたが、生まれ育った地元の甲子園で、みなさんの前でホームランを打つことができて最高に嬉しいです」。新人ながら開幕からセンターのレギュラーを誇るドラ1は、満面の笑みだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請