【石川】金沢泉丘・宮下が「自分が打ってやる」 狙い通りの大会第1号本塁打

令和第1号本塁打のボールを手にする金沢泉丘・宮下
令和第1号本塁打のボールを手にする金沢泉丘・宮下

◆第101回全国高校野球選手権石川大会 第2日 ▽1回戦 金沢泉丘9―2門前=7回コールド(13日・弁慶スタジアム)

 金沢泉丘の3番・宮下慶太郎二塁手(3年)が、石川大会第1号を放った。

 2点を追う1回裏1死一塁。フルカウントからの7球目の真ん中低めの直球を、右中間スタンドに放り込んだ。「きのう(12日)の開幕試合でホームランが出ていないと知って、チームのみんな『俺が打つ』と話していた。自分も『打ってやる』と思っていたので、出てよかった」。公式戦初本塁打となる同点2ランは、狙い通りの一発だった。

 高校通算本塁打は7本。今春以降ランニング本塁打が2本あったものの、昨秋の練習試合を最後にサク越えの本塁打は1本もなかった。「3年生になってずっとホームランが打てていなかったので感覚も忘れていたが、打った瞬間の手応えも弾道も完璧でした」。令和の石川大会の歴史を刻む「第1号」と書かれたホームランボールを手に、笑顔がはじけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請